FC2ブログ

日本人を不幸にする天皇制は廃止に。

woman.jpg

今月14日、デンマークの女王マルグレーテ2世が退位され、長男のフレデリック皇太子が後を引き継ぎました。

女王は「神よ、王を守りたまえ」と仰って皇太子に君主の座を譲られました。

昨年のチャールズ国王の戴冠式では、カンタベリー大主教が「神よ、王を救いたまえ」と唱えました。

(そう言えばイギリスの国歌は、God Save The Queen(King)ですね。)

そして、チャールズ国王が聖書に手を置いて、即位を宣誓されました。

アメリカも、大統領は就任式で聖書に手を置き「Help me God」と言って宣誓します。

神よ、この国を治めるためにどうか力を貸して下さい、と言っているように聞こえます。

自分の就く職務の重大さを認識すればするほど、神に頼らざるを得ないのだと思います。

彼ら支配層の人間は、殆どが国民の前では善人を演じているだけの、悪魔を拝む悪人です。

それでもこういう場面では神の前にへりくだるしかありません。

いくら普段は悪魔を拝んでいても、本心は神が怖いのでしょうね。

日本では神に頼ることは弱い人のすること、と言われていますが、

自分の弱さを認められるのは強い人だと思いますが、いかがでしょう。


ところで、日本の天皇はどうなのでしょう。

彼も同じく悪魔を拝む悪魔崇拝者ではありますが。

kanteihp.jpg

この高座にいる様子、未だに”現人神”であるかのようです。

自分が神なら神に頼る必要はありませんね。

そもそも、大したことをしていないから神に頼る必要がないのかもしれません。

天皇は神道の祭祀としての役目もあるそうです。

だから国を治める実務的な能力よりも、霊と繋がる能力の方が必要なのでしょう。

上記の写真は即位の礼の時のものですが、そこでは数々の儀式が行われます。

その中に「大嘗祭」という儀式があります。

これは”秘儀”らしいですが、一般には〈大神と天皇とが御一体になりあそばす御神事〉と解説されています。

下の図は、その儀式のイメージとして公開されているものです。

naijin.jpg


中央に位置するのは”寝座”です。そして、天皇の世話をする二人の采女。

この内陣で天皇はこの采女たちと一夜を過ごすのだそうです。

儀式の場はとばりで隠されています。

何か見られたらマズいことでもあるのでしょうか。

前述したように大嘗祭は天皇が天照大神と一体になる儀式。

要するに、天皇はここで采女たちと性的な行為をすると思われるのです。

天皇が男でなければならない理由はこれでしょうか。

天照大神という女の神(悪魔)と一体にならないといけないから、なのでしょうか。

秘儀なので断言は出来ませんが、でも”寝具”とか”采女”とか、そう疑われても仕方がないキーワードだと思います。

とにかく、私たちの税金が使われている以上、秘儀のままにしておくなと言いたいです。

国民が知ることも出来ない儀式に国民のお金を使うな、と言いたいです。

そもそも、彼らは国民の為に一体何をしているのでしょう。

公務と言っても単なるお飾り、彼らがいなくても現場は回るものばかりではないでしょうか。

ロイヤル外交も必要ないと思います。これは皇室存続の理由の一つによく挙げられています。

しかし、世界を見回せば君主制より共和制の国の方が多く、王族は過去の遺物となっています。

現代は王家が無い国が、世界一の大国なのです。

では天皇のメインのお仕事、宮中祭祀はどうでしょう。

これは国民にとって必要なものなのでしょうか。

神道は悪魔教なので、悪魔を召喚されてもありがたくありません。

天皇が悪魔に祈ったから、日本は悪の力が強く働く国になったのです。

日清戦争、日露戦争、第二次世界大戦と、悲惨な戦争が続いたのもそのためです。

天皇のせいで多くの日本人の命が奪われたことを、決して忘れてはいけないと思います。

天皇はその責任を取っておらず、相変わらず国のトップに立っているのですから。

そして国民のお金で何不自由なく暮らしています。

もし天皇が悪魔ではなく本当の神に祈っていたら、日本はあんな悲惨な戦争を経験することは無かったでしょう。

ダビデがどこまでも神様に頼って、全ての敵に打ち勝ち、イスラエルが繁栄したように、日本はもっと繁栄していたかもしれないのです。

確かに戦後、日本は急成長して経済大国になりましたが、それは日本の有史約2000年の内、50年にも満たない出来事でしかありません。

長い歴史の中ではほんの一瞬の出来事です。

そして今、日本が凋落していることは誰の目にも明らかです。

天皇一家がずっと君臨してきたことは、果たして日本にとって良いことだったのでしょうか。

天皇の存在が、日本人を不幸にしてきたとは言えないでしょうか。

RAPT|天皇が行う「大嘗祭」はまさに悪魔崇拝そのものです。




未だに多くの日本人が天皇を敬っています。

未だに天皇を神であるかの如く、最大限の敬意を払って接しています。

私たちはこのことをきちんと考えた方がいいと思います。

天皇をタブー視する時代はもう終わりました。

国民にとって害でしかない天皇制は廃止されたほうが良いと思います。


スポンサーサイト



Comments







非公開コメント