FC2ブログ

日本が沈まないために私たちに出来ること

cloud-5055011_640.jpg

日本にどんどん活気がなくなっていると誰もが感じていると思います。

経済的な打撃もあるでしょうが、それよりも日本全体に覇気がありません。

未だにコロナが話題に上り、国民がマスクしている国なんて、世界広しといえども日本くらいでしょう。

パンデミック中はまだ、コロナが終われば良くなるという希望がありました。

でも今はその希望すらなくなり、生活はさらに苦しくなりました。



肝心の岸田内閣は日本人にどこまでも冷淡で、日本人から搾り取るだけ搾り取り、外国人には大判振る舞い。

日本を日本人に住みにくい国にしているとしか思えません。

このままでいくと日本人の主権も危ういかもしれないです。


【批判殺到】岸田内閣、奨学金の対象を外国人に拡大|RAPT理論+α



日本はどうしてこうなってしまったのでしょう。

それは日本人が神様を信じてこなかったからではないですか。

神様に感謝してこなかったから、日本人は今神様に裁かれているのではないですか。

日本人は経済を重視し過ぎました。目に見える物質的な豊かさばかり追い求めました。

その結果、世界第二位の経済大国になれましたが、しかし最も重要な神様への感謝は忘れてしまいました。

文句をいう時だけは神様のことを思い出しましたけれど。

「神様がいるなら何故こんな酷いことが起きるの?」なんて言って。

失礼極まりませんよね。良いことは自分の手柄にするのに。

こうやって日本人はずっと神様を貶めてきました。

日本が経済大国にまで成長出来たのは神様の許諾があったからなのに。

神様は無神論の日本人にご自分の存在を知って欲しかったのです。

「この人達が私に逆らうのは私を知らないからだ」、と神様に立ち返るチャンスを与えて下さったのです。

しかしご存じの通り、日本人は神様に気付くどころか、感謝さえしませんでした。

逆に自分達は何と優秀なのだろうと思いあがりました。

だから神様は日本人を裁くことにされました。

一番大事な「経済」を奪うことによってです。



その結果、見て下さい、日本はかつての発展途上国並みに貧しくなってしまいました。

外国人観光客が日本を満喫している中、日本人はどこにも行けないのです。

「日本人は世界一優秀な民族」「日本に資源は無いが、日本人がいる」

以前よく聞いたセリフですが、今やそんなことを言う人は誰もいません。

メディアや専門家、評論家たちがどうやったら日本は復活するのかと論じ合っていますが、全てムダです。

これは神様の裁きだからです。

だから神様を信じて悔い改めること。

それしか日本が復活する道はありません。

【途上国と化す日本】水際対策大幅緩和で、多くの外国人旅行客が来日、歴史的な円安で爆買い 一方の日本人は、海外旅行にも行けず貧困に苦悩|RAPT理論+α



神を信じない国は滅びます。今日本と中国がその道を辿っています。

しかしこれはこの2か国だけに限らず、これからも神を信じなくなった国は神様が裁いていかれます。

この世界を治めているのは神様なのですから当然です。

「神に頼るのは弱い人だ」と日本人は言います。

しかし、神に頼る人がどうして弱いことがあるでしょうか。

弱い人とは、心挫けて何も出来ない人のことです。

神に頼る人とは、例えるなら王に問題を訴え出る庶民です。あるいは、将軍に訴え出る一兵卒です。

強い意志と勇気がなければ出来ないことが分かりますよね。

そしてその人は賢さも併せ持っています。

一番権力と権能がある人が問題を解決出来る、という正しい判断が出来たからです。

王や将軍は自分の力をそこまで信じてくれたのか、と喜ばれ、必ずその問題を解決してくれることでしょう。

これは神様も同じなのです。

神に頼らない人は自分で何でも解決できると思っている高慢な人です。

神様は高慢な人をどこまでも嫌われます。

どうか神様の前にへりくだり、悔い改めてください。

今日本は本当に瀬戸際です。

でもまだチャンスは残っています。




スポンサーサイト



Comments







非公開コメント