FC2ブログ
バリにはもう戻らない

占い、霊媒、ヒーリングは信じるな。

2020/12/19
スピリチュアルの嘘 0
balicalender.jpg


「あなたの間に、自分の息子、娘に火の中を通らせる者、占い師、卜者、易者、呪術師、呪文を唱える者、口寄せ、霊媒、死者に伺いを立てる者などがいてはならない」申命記18:10~11


知っていましたか?聖書では占いを神の厭うものとして禁じていることを。

しかしながら、残念なことにそれらは全世界で行われています。

いかに私達が神に逆らって生きているのか、ということです。

だから不幸がこの世から無くなることがない。

神に逆らって生きて幸せになれるはずがないからです。

人の商売の邪魔をする気は毛頭無いのですが、

タイトルの人達、彼らは神に逆らう商売の筆頭、と言ってもいいでしょう。

彼らに頼っても幸せにはなれない、時間とお金の無駄だということを説明します。


まず占いです。

最も身近な存在。雑誌では必ず占いコーナーがあったりする。

しかし皆さんご存じの通り、運命というものは決まっていないので

あなたの将来は誰にも分からないのです。

だから占いに頼ったり、占い師に聞いても答えは得られない。

その日一日を良くするも悪くするも、そして自分の人生を良くするも、悪くするも、

全てはあなた次第だ、ということをお忘れなく。


次に霊媒。

日本で有名なのは恐山のイタコですか。

バリ島ではバリアンという人達がいます。

彼らは霊界と通じることがウリです。スピ的に言うならば5次元の存在、といったところか。

でも、以前にもお話した通り霊界には法則があって、低次元の存在が高次元の存在とそう簡単に繋がることは出来ません。

なので彼らが繋がっているのはそこらへんにいる低級霊である、という可能性が高いわけです。

そしてたとえ低級だろうと霊は霊なので、死者の霊と繋がることは出来ます。

だから霊媒は口寄せが出来るのです。

しかし低級霊って大抵が悪霊なので、乗り移られたら大変です。

霊障はキツイですよ。気持ち悪くなったり、身体が重くなって歩けなくなったりします。

霊的に敏感な人は面白半分に訪ねない方がいいでしょう。


そしてヒーラー。

自分の”気”で相手を癒すヒーリング。

しかし、しかし、彼らはそれをどうやって証明できるのか。

私にとっては一番胡散臭い存在、それがヒーラー。

ヒーラーって自己申告制ですよね?

まだ占い師や霊媒はそれなりの結果を出さないと信用されません。

はずれてばかりの占い師の所へは誰も行かなくなるでしょう。

ですがヒーラーにはそれはありません。

自分を癒してくれたのはそのヒーラーのおかげなのか、

それとも自然の”気”のおかげだったのか、

それとも流れていたヒーリングミュージックのおかげだったのか、

証明は出来ません。

彼らの”気”がどういったものか、こちらには全く分からないし。

毎日どういう生活を送っているのかも分からない、全くの他人。

もしかしたら雑念だらけかもしれない。

そんな知らない人の”気”を無防備に受ける?

私ならイヤですけどね。

と実はここまで言っておきながら、私はバリ島で何回かそういった場所に行ったことがあります(笑)。

その時は確かに癒されたような気分にはなるんです。

でもそれがヒーラー自身の力なのか、それともバリの自然のおかげなのか、

それとも私の体調が良かったのか、そんなの実際には分かりません。

そのヒーラー自身に力が無くても、資金力があれば”癒しの空間”は作れますし、

自然豊かな場所に綺麗な施設を建てて、癒し空間を演出すればいいだけのこと。

”癒し”をビジネスにするならそれで十分でしょう。

Youtubeの動画だけでも、十分癒される人がいるのですから。

だからヒーラーは必要無し。

確かに中には「実際に気を受けて癒された」と言う人もいるでしょう。

だから人気ヒーラーなんていうのがいる訳です。

でもそう言っている人達は、そう信じたいだけだと思います。

だって誰も(この人の所に行って)失敗した、とか、お金や時間を無駄にしてしまった、とかは思いたくないでしょうから。

だからそう言って自分を満足させているだけ、と私は推測します。

少なくとも私はそうでした(笑)

完全に目に見えないものがビジネスになっている世界。

非科学の塊。それがスピリチュアルビジネス。

私達は本物を見分ける目を持たなくてはいけません。


tegalalang.jpg


おまけ。

バリ島観光には「バリアン(バリ島の呪術師)を訪ねる」、という独特なオプショナルツアーがありますが、

これ、わざわざ日本から時間とお金をかけて来てまで受ける価値は、ありません。

完全にビジネス化されてますし、実際大したことありません(これも経験有り汗)。

それよりもちょっといいホテルに泊まって、ホテルライフを楽しんだほうが、ずっと有意義な時間を過ごせますよ。

バリ島の旅、というと癒しとか、神霊とか、スピリチュアルな体験、とかを連想される方も多いと思いますが、

それは観光客向けの表の顔です。

バリ島の裏の顔は悪魔崇拝なので、神霊な体験よりも霊障体験を味わってしまう恐れがありますから、くれぐれもご注意を。

勿論バリ島以外でもそのようなスピリチュアル関連のツアーは単純にお遊びと割り切って、

たとえ何の効果もなくてもがっかりせず(それが当たり前なので)、

旅先での余興として深入りしないことを、つよーくお勧めします。


占いや霊媒なんかに頼らないで生きるために!
RAPT有料記事1人生の願いを叶えるために必要な幾つかのこと
*導入部分は無料で読めます。


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
てまにす
Admin: てまにす
バリ島に約9年滞在していました。
夫はバリ人
私はバリヒンズー教に拒否感を示し
今はキリスト教を信じています。
自分が変わることで夫をヒンズー教から引き離そうと模索中です。
スピリチュアルの嘘